GT-Rと釣り日記

愛車でのドライブ/旅行情報 福岡、北九州市周辺の釣り情報等 好きなことを自由に発信していきます

スカイラインGT-R 18年秋 日本半周 車旅 / 長距離ドライブ⑤ 9日目 穂高 松本城

スカイラインGT-R 18年秋
日本半周 車旅 / 長距離ドライブ⑤ 9日目


こんにちは! BNR34hiroです。
今回も愛車ドライブ旅行記です。

2018年秋に決行した 日本半周車旅⑤ になります。
9日目の旅行記です。

 

f:id:BNR34hiro:20190204013351j:plain
f:id:BNR34hiro:20190202015011j:plain


9日目は 岐阜県から長野県、そして山梨県途中で仮眠という行程です。

 
9日目
① 岐阜県

宿泊していた奥飛騨温泉郷の旅館から出発です。
時間も決まっていない旅なのと、せっかくなので朝風呂入って出発です。
平日だったので宿泊客も少なく温泉は常に貸し切り状態でした。

●宿泊先
建治旅館 

小型の旅館でのんびり出来ました。
温泉だけでなく、料理の評価が高い旅館という事を後ほど知りました。
次の旅の時には夕食付にしないと(^-^)
芸能人の方も宿泊されている様で 唐沢寿明さんのサイン 写真が有りました。

f:id:BNR34hiro:20190204003946j:plain

 - 奥飛騨温泉郷 周辺散策 -

周辺は高山市の最北東部の山岳地帯になります。
標高3000m級の穂高連峰に囲まれた地域になります。

とてもという表現では安い 表現出来ないくらい景色が自然が豊かな場所です。
当然信号がなく、絶景を眺めながら快適なドライブが出来ます。

f:id:BNR34hiro:20190204013351j:plain


●ドライブオススメ道路
県道475号線
奥飛騨温泉郷から先にあります 新穂高温泉、新穂高ロープウェイまで
行けます。標高900m~1300m辺りまで進めます。
道路沿いを川が流れており非常に綺麗です。

国道471号線
奥飛騨温泉郷に来るために使う道路です。近隣のメイン道路です。
南に進むと国道158号線( 高山市方面、長野県方面 )に
北に進むと国道41号線( 飛騨市から、富山県方面)に合流します

f:id:BNR34hiro:20190204013404j:plain

●北アルプス展望園地 大橋
紅葉も進んでおり、色が変わった木々と北アルプスの山々が綺麗でした。
写真は、北アルプスを一望できる 北アルプス展望園地 北アルプス大橋
からの1枚です。


晴れていたら最高の景色だったんですがね、、 その点だけ残念です。

 

●アルプス街道 平湯
国道471号線から長野方面に、国道158号線に入って直ぐにある
道の駅的な場所です。
土産屋とレストラン、日帰温泉施設が併設されています。
バスターミナルにもなっており
遠方長距離バス( 新宿 富山 松本 富士山等)
周辺観光バス( 乗鞍岳 上高地行 ) 高山市内行バス 等あります。

お土産購入は、ここが商品も多くオススメです。

 

f:id:BNR34hiro:20190204012213j:plain
f:id:BNR34hiro:20190204012341j:plain


●他 オススメ場所
新穂高ロープウェイ
今回は登りませんでしたが、オススメ場所です。
標高2156mにある展望台までロープウェイで登ります。
周辺の山々が一望できる展望台です。
晴れた日は絶景が、四季折々の大自然を見る事が出来ます。


- 長野県に向けて移動 -

周辺散策を軽く済ませて 長野県に向けて移動です。
国道475号線を南下( 前日来た道を戻り )し国道158号線に合流します。

② 長野県に

- 国道158号線で東部に -

高山市から長野県に行くには国道158号線を使って向かいます。
この国道158号線での行き方 2方法あります。

バイパス(有料道路) と 通常国道です。

1.国道158号バイパス 安房峠道路
  片道1車線の自動車専用道路で ほぼトンネルです。
  5.6km 普通車 770円 軽自動車 620円
  年間通行出来ます。

2.国道158号線
  上記バイパスが出来るまでこの国道のみでした。
  県境の峠道です、片側1車線道路から中央線が無くなります
  酷道と呼んでもいい国道です。 約16km
  豪雪地帯の為 11~5月前後は通行止めです。


1のバイパスを使った方が距離も時間も運転も楽ですが
せっかく来たので2の国道を選んで進みました。

標高も1300~1800mあり景色も楽しめる!!
と思ったのと この時期は未だ積雪が無いので通行できるからです。

f:id:BNR34hiro:20190202014933j:plain
f:id:BNR34hiro:20190202014954j:plain


アルプス街道平湯から進むと早速 ↑こんな道になりました(^-^)
まだ酷道とは呼べないくらいの中央線が無い狭い道ですね。

だんだん進んでいくと!!??

f:id:BNR34hiro:20190202014924j:plain
f:id:BNR34hiro:20190202014944j:plain


野生の猿ですね!
かなりの数が居ました、まだ暖かったので活発なんでしょうね。
結構大きかったです 窓を開けて運転をするんですが流石にこの時は閉めました。

f:id:BNR34hiro:20190202015020j:plain

どんどん進んいくと山も深くなり こんな感じに良い景色も見れます!
本当に天気が悪いのが残念、、、

f:id:BNR34hiro:20190202015011j:plain
f:id:BNR34hiro:20190202015003j:plain

この辺りが県境過ぎた辺りです。
岐阜県側は山道、酷道特有のヘアピンカーブも少なく楽でした。
一方、長野県側はカーブが多い 多い
1のバイパスと合流する辺りはヘアピンカーブ10連くらいですかね
道路の高低差もありフロントを擦らないように大変でした(笑)

 ↑ 地図の黄色158号線が通った道です。白の2本線がバイパスです。

- 安房峠越 ~ 国道158号線  -

安房峠を抜け国道158号線を松本市まで直進します。
峠を抜けると片側1車線の通常国道に戻ります。

標高は1300m~1000m辺りまで下がっていきますが
周辺は山々に囲まれており、道路沿いは川、渓谷になっており
谷の山沿いに無理やり作った古い道 という感じです。

正直大雨の日は怖いと思います。
また道途中にトンネルが多いですがハッキし言って狭いです。
バス、トラック等の大型車はギリギリです。

ただ信号が少なく松本市の外れまでは、ほぼほぼ信号に
かかる事もない安定したドライブが出来ます。

( 道中止める箇所がなく写真撮れなかったのが残念、、)


●道の駅 風穴の里

途中にある道の駅 風穴の里 でご飯を食べました。

松本名物 『 山賊焼定食 』を食べました!!
ボリュームも有り美味しかったです。

この道の駅はオススメです。
食物も名物があり、お土産も品数、商品の珍しいものも多かったです。

f:id:BNR34hiro:20190202015031j:plain
f:id:BNR34hiro:20190202015042j:plain

そのまま東に、国道を直進し次は松本市に向かいました。
 

- 松本市に 松本城 -

国道158号線を進み松本市に入りました。
狙いは松本城です。

f:id:BNR34hiro:20190202014436j:plain
f:id:BNR34hiro:20190202014444j:plain

久々に2度目の訪問でしたがやっぱり綺麗な城でした(^-^)
細長い縦型の形状、黒と白の対比が素晴らしいです。

天候が良ければバックに北アルプスも見えるんですがね、、
( 写真右側です )

時間は沢山あったので、ベンチに座り 30分ほどのんびり眺めてました。

 

- 国道19、20号で南下 諏訪湖に -

松本城を出て国道19号線を南下し目的地の横浜市方面に向かいました。
道中、諏訪湖がありますので立ち寄りました。

ここも天気が良ければ良かったんですがね、、

f:id:BNR34hiro:20190202014452j:plain

微妙な感じの写真になってしまいました、、

諏訪湖は上から、山から見下ろさないとダメですね、、、
前回来た時も曇りでしたので、つぎこそは晴れて欲しい

歩いている方に尋ねると 『 立石公園 』から見ると良いらしいです。
君の名は の聖地じゃないのか? という声もあり
きれいな景色が見れるそうです。次行く時の課題にします。

 

③ 山梨県に

- 国道20号線で南下 -

諏訪湖に立ち寄った後はひたすら国道20号線を使って南下しました。
夕方以降の時間で夜間だった事と後日富士周辺を周る予定でしたので
今回は通過だけになってしまいました。

途中立ち寄るべき所もあったと思うので残念でした、、、

横浜まで、まだだいぶ距離があったのと 夜眠たくなってきたので
甲州市の 道の駅甲斐大和で仮眠を取る事にしました。


以上が9日目の行程でした。 

9日目までのまとめ
●総走行距離    1827.7km
●9日目の走行距離  313.6km

 

10日目記事はこちら ↓

www.bnr34fishing.net

 


◆ 日本半周関連記事

www.bnr34fishing.net

  

www.bnr34fishing.net