GT-Rと旅行 釣り日記

愛車でのドライブ/旅行情報 福岡、北九州市周辺の釣り情報等 好きなことを自由に発信していきます

スカイラインGT-R BNR34 車内特徴➀

スカイラインGT-R( BNR34 )
車内特徴➀


こんにちは BNR34hiroです。

f:id:BNR34hiro:20190609011214j:plain


今回はBNR34の記事です。
BNR34の維持費、点検記録等は
記事にしておりましたが

www.bnr34fishing.net

 

今回は趣向を変えてBNR34の車内
記事にします。

運転席から見る
視点 車内の特徴、雰囲気を記事にします。

車内の設備や状況について
車をご購入する際の一つの目安にしますよね。

私も購入した際には
実際に車内に乗り込み細かく確認しました。

また運転するイメージも大事ですよね。  
実際に運転席に座った時の感覚、フロントの見え方
大事だと思います。

購入を検討する前に
インターネット記事を調べましたが

当時全く詳細が分かるものが無く、、、
( カタログや中古情報の写真くらいでした)
実際に運転席に乗り込むまで分かりませんでした。

今後ご検討される方の参考にもなればと思い
数記事分けて書こうと思いました。


今回は運転席の特徴を中心に
フロント2座席を中心に説明します。 



その前に車体と私の身長
座る位置等を補足しておきます。

車体
・NISMO S-tuneサス
・純正シート
・タイヤ純正サイズ 245/40 R18 

・身長170cm前後
・シート角度 少し後ろに倒している具合
 ほぼ直角
・ハンドルポジションは一番上

 


➀運転席

先ずは運転席目線から
アイポイントのご紹介です。

●運転視点( アイポイント )

f:id:BNR34hiro:20190810105305j:plain

目の位置から真っすぐ平行に
撮影しております。

ボンネットは少し見えますが
ほぼ見えません。
ハンドルもほんの少し視線にかぶります。

ですが
前が見えないほどではありません。


特徴として
スポーツカーの中では高めの
アイポイントになると思います。

シルビア BNR32と比べると顕著です。
運転席に座るとはっきりと
目線の違いが分かります。

10年ほど乗っての正直な感想です。

『 もうちょっと あとほんの少しだけでも
  アイポイント、座席高を低くして欲しかった』


※メーター
項目が異なりますが各種メーター
34型スカイラインと
配置が逆になります。

●頭上
窮屈感は感じません。
目安で天井まで15cm前後隙間があります。

背が高いと圧迫感を感じるかもしれません。

f:id:BNR34hiro:20190810105513j:plain

 
●バックミラー

f:id:BNR34hiro:20190810105454j:plainミミラーサイズに関して小さいと言われる方も
いらっしゃいますが全然問題なく使えます。
(34型に13年間乗っており
   特化しているだけかもしれませんが)


また、純正ですがウイングが大きいので
ミラー越しにかなり映り込みます。

夜間走行の際 後続車がある一定の間隔を
開けられて走行されるとウイングで
ヘッドライトが隠れてしまう事があります。  


●足元 ペダル

f:id:BNR34hiro:20190810112119j:plain

通常のマニュアル車と変わりません。

左から
フットレスト クラッチペダル
ブレーキペダル アクセルペダルです。

ちなみにペダル類は
後期型の特徴である アルミペダル
になります。
( 正確には ブレーキ、クラッチは
  ゴム製の上にアルミ加工になります )


●座席 シート特性

BNR34 純正シートになります。

f:id:BNR34hiro:20190810112216j:plain
f:id:BNR34hiro:20190810112208j:plain

ショルダー、サイド部分共に
明らかに高く張り出しております。

お尻部分が一番低くなっており
足を前に突き出すイメージです。

サーキット走行では厳しいですが
公道を走る上では、フィット感 安定感
抜群です。

本当に体が左右にぶれません。
左右にぶれないので長距離、長時間走行
でも私は全く疲れを感じません。

BNR32 BCNR33がほぼ一緒でしたので
このBNR34から大幅に攻めたデザイン性
になっております。

 

※座り方が大事
補足ですが 座り方が非常に大事です。

このシートに乗ると腰が痛くなる、、、
という方の話をよく聞きますが
座り方が悪い方が非常に多いです。

お尻できちんと座る事
お尻を突き出して 骨盤で座る
表現が難しいですがお尻から座らずに
背中だけを後ろにずらして座る方が
非常に多いと思います。

背中で座る癖が付いている方は
腰痛になると思います。

 

f:id:BNR34hiro:20190810112151j:plain
f:id:BNR34hiro:20190810112110j:plain

リクライニングは ネジ式になります。
横に付いているダイヤル式つまみをずらし
好きな角度に細かく少しずつ調整出来ます。

角度についてはレバーで2段階に調節も出来ます。

- 写真左 -
通常( レバー引かず )で一番倒した角度です。
約60°くらいです。

- 写真右 -
( レバーを引いた状態で )
一番倒した時の角度です。
45~35°
くらいです。


通常のシートの様にフラットには
なりません。

寝れない 休めない 体が痛くなる

という評価もありますが
慣れれば問題なく感じます。

車中泊もしますが5、6時間くらい
爆睡している時もあります。

自分で寝やすい角度 体のボールド箇所を
見つけることが重要かと思います。

●その他
・インパネ周り

MFD
(マルチファンクション
       ディスプレイ)

f:id:BNR34hiro:20190810105316j:plain

BNR34の内装の特徴の一つだと思います。
インパネ上部の中央部にあります。

34型スカイライン
NA   :  純正ですと何も設置無し
ターボ  :  3連メーター
が付いている箇所です。

 

後期型の特徴で乗り始めて6年くらいで
上部写真の様に縦に線が入り始めました。

後期型に乗っている方の共通事項だと
思います。

 

f:id:BNR34hiro:20190810112145j:plain

インパネ部分全体が
ほんの少し運転席を向いているのが
特徴です。

32~34のスカイラインの共通特徴
になります。

運転席= 操縦席 コックピット
スカイラインは運転席がメインである!!

その心意気を感じる部分だと思います。

・センターコンソール周り
ドリンクホルダー

f:id:BNR34hiro:20190810112141j:plain
f:id:BNR34hiro:20190810112132j:plain

左手側サイドブレーキのやや後ろにあります。

2つ分入ります。

夏場は長く走行をしていると周囲が
熱くなりますのでドリンクが温くなる時が
ありますのでご注意を

ドリング以外は
・携帯の充電スペース
・食べ物置いたり
マックのポテト スナック菓子等
・聞く予定のCDを置いたり 等々
色々使ってます。

・各種レバー類

f:id:BNR34hiro:20190810134336j:plain

ボンネット 給油口 トランクを
開けるレバーは上部位置です。

 

 

②助手席
・アイポイント

f:id:BNR34hiro:20190810145209j:plain

メーター、メータークラスターが
無いので運転席よりも前が見やすいです。

( あまり意味がないと思いますが )

足元はグローブボックス
( ダッシュボード下の物入)
があるので運転席よりも少し高さの
スペースが狭いです。

※足は充分に伸ばすことが出来ます。

●座席
助手席も運転席と同じシートです。

同じくかなり体にフィットするので
普通に公道を走る上では体が左右に振れること
が無く高評価です。

f:id:BNR34hiro:20190810105611j:plain

またフロントシート周りだけでは
至る所にGT-Rの文字が入ってます。

- 感想 - 
率直な感想として ER ENR HR34等の
34型スカイラインとほとんど変わりません。

私も大学生時代ER34に4年間乗っていましたので
この感想は間違いないと思います。


一つだけ言いたいのは 新車価格500万超えなのに
オートライトすら標準装備では無いのが、、
( 乗っていたER34はオートライト付いてました)


以上
BNR34の車内特徴➀ でした。

次回は後部座席の特徴を記事にします。
後日記載します。&

 

■関連記事■

スカイラインGT-R BNR34

点検記録の記事です。

 購入してからの走行距離のまとめです。
2009年12月24日からです。

www.bnr34fishing.net